高校生コース

  • HOME »
  • 高校生コース

国公立大学に合格したい
高校生の皆さんへ

教育系学部・医療系学部に強い自信と多くの実績をもつ
スカイ予備校が進学塾EX内に新しく開校しました。

お問い合わせボタン


【スカイ予備校安中教室】

【スカイ予備校安中教室】

群馬県安中市原市617番地 TEL 027-382-6076

【スカイ予備校金古教室】

【スカイ予備校金古教室】

群馬県高崎市金古町1292-5 TEL 027-372-6238

【スカイ予備校箕郷教室】

【スカイ予備校箕郷教室】

群馬県高崎市箕郷町東明屋465-6 TEL 027-371-7585

塾を使って上手に成績を上げる方法<スカイ予備校で成績を上げる方法>

高校生のみなさんへ

高校生のみなさん、こんにちは。スカイ予備校の塾長の五十嵐です。学校生活、楽しんでいますか?みなさんは高校を卒業したらどういう進路を選びますか?
就職する人、専門学校に行く人、大学(短大)に進学する人など、さまざまだと思います。今、大学には希望する人は全員入れる全入時代(ぜんにゅうじだい)になっています。だから勉強を一生懸命しなくても、大学に入れることは入れます。しかし、それは自分の目指す大学、目指す学科ではない可能性があります。

高校を卒業して就職したり、専門学校に行くことも悪い選択ではありません。しかし、多くの人が大学を卒業する中で、自分だけ高卒だったり、専門学校卒だと就職してから、大きく差を開けられます。つまり、就職したあとに「君は高卒(専門卒)だから、この仕事は任せられない」ということも十分にあり得ます。

これはとても残念なことだと思います。せっかく希望を持って会社に入っても、自分の学歴が高卒や専門卒という理由で、やりたい仕事ができないのです。そして、あとから入社した若い大卒の社員の下で働くということも十分にあり得ます。理由は自分が高卒や専門卒だという理由だけで、納得のいかない環境で仕事をしなければならないのです。

では、どうしたらいいのか?美容師や寿司職人になりというと明確な目標がない場合は、4年生の大学に行くことをお勧めします。大学4年間で考える時間があるので、自分のやりたいことなどを探す時間ができるからです。

大学の学費について

大学には大きく分けて2種類あります。国公立大学と私立大学です。これらの大きな違いを知っていますか?一番わかりやすい違いは、学費です。国公立大学は年間の授業料が約54万円です。しかし私立大学は大学によって学費は大きく異なり、年間75−270万円くらいかかります。高い大学では国公立大学の約2倍です。学費のほか入学金や施設費などもかかります。

簡単に言えば、私立文系は国公立大学の約1.5倍、私立理系は国公立大学の約2倍の学費は入学した初年度にかかるのです。

また東京などでアパートを借りて生活をすれば生活費もかかります。都会になれば家賃や食費なども高くなります。しかし、実家から通える国公立大学に入学できれば、家賃などはかかりません。金銭的にみて、とても親孝行だと思います。

なお、高崎経済大学の入学金は約28万円ですが、高崎市民であれば半額の14万円で済みます。高経大に進学すれば、かなり学費を安く抑えられます。

スカイ予備校では、「通える国公立大学に合格する!」ことを目標としています。国公立大学合格に向けて、勉強をすればおおかたの私立大学には合格できます。目標は高く設定することが重要です。

群馬県の国公立大学について

群馬県には1つの国立大学と4つの公立大学があります。群馬県のような地方で、5つの国公立大学がある県はとても珍しいと言えます。
国立群馬大学(国立)医学部、理工学部、社会情報学部
高崎経済大学(公立:高崎市立)経済学部、地域政策学部
群馬県立女子大学(公立:群馬県立)文学部、教養学部、国際コミュニケーション学部
群馬県民健康科学大学(公立:群馬県立)保健学部
前橋工科大学(公立:前橋市立)工学部
主に前橋と高崎に偏っていますが、文系・理系ともにそろっていて、群馬県民はとても大学進学では恵まれていると言えます。

まず、どの大学にどんな学部・学科があるのか調べてみよう。
各大学のホームページを見ると、さまざまな情報が載せられています。大学の学部、学科だけでなく、過去の入試問題や倍率、卒業生の就職先、指導教員の名前や研究分野など多彩です。ぜひ、上記の5つの大学のホームページを訪れて確認してみてください。

大学に合格するにはいろいろな方法がある。
大学に合格する方法は1つではありません。
推薦入試:
あなたが高校1年生であれば、推薦入試で大学合格を目指すことをお勧めします。これは普段の高校のテスト結果(いわゆる内申書)の成績が良いと、大学に推薦入試で合格できます。推薦入試は例年11月末に試験があり、12月には合否が発表となります。早い時期に合格が決まり、残りの高校生活を楽しめます。国公立大学では、推薦入試は実施されます。

スカイ予備校では、学校の授業に即した映像学習(「教科書ナビ」といいます)も取り入れています。特に英語は学校の教科書と同じ内容を学習できます。学校の英語の授業前には予習をするように言われますが、この「教科書ナビ」を受ければ英単語なども調べなくても、教えてもらえます。英単語などは調べることで知識が身につくという面もありますが、調べるだけで結構な時間がかかります。調べることよりも、英単語を覚えることが重要なので、どんどん効率的に学習していくことが重要です。
また「教科書ナビ」では英語の教科書本文のみなさんが間違えやすいところをじっくりと解説しているので、そこをしっかりと学べばよいわけです。テスト前に何回も見直すこともよい方法だと思います。これらも映像学習の長所だと思います。

中間期末試験(考査)でよい点数をとり、推薦入試で合格できるようにしっかりと1、2年のうちから準備しましょう。

一般入試:

一般入試とは一番普通の試験スタイルです。国公立大学の場合は1月中旬のセンター試験を受験して、2月末(または3月)の個別試験を受験して、その合計点で合否が決まります。国公立大学に合格することを目標にした場合、センター試験は避けられません。最近は私立大学でも、センター利用の試験がたくさんあり、センター試験対策勉強をしていれば、私立大学も受験できます。

一般の大学入試において、センター試験を成功するかどうかはとても重要です。国公立大学の一般入試ではセンター試験は必ず受験するので、センター試験で失敗することは、国公立大学不合格を意味します。もしあなたが推薦入試の道がすでにないようであれば、今から一般入試に向けて受験勉強をスタートすることをお勧めします。

大学受験は「戦略」が大切:
現在の大学入試は複雑なシステムとなっており、そのすべてを完璧に把握することはとても困難です。しかし、逆を言えば、そのシステムを知り尽くし、しっかりと対策をとれば、他の受験生がもたもたしている間に、どんどん差をつけて合格に近づくことができます。

今、高校生のあなたが何年生かわかりませんが、最初に自分の行きたい大学、学部、将来就きたい職業などを明確にしてください。まずゴール(行く先)を決めます。ゴールが設定されていないと、どこに進んでよいのか迷うからです。また遠回りしたことに気づかないので、非効率的です。

たとえばあなたが看護師に将来なりたいとゴールを決めたとします。そのためには、看護学部に進学しなければなりません。通える看護学部は群馬大学と群馬健康科学大学(以下、健科大と書きます。)があります。その他私立大学として、パース大学、上武大学、桐生大学などがありますが、スカイ予備校では国公立大学が第一志望なので、群大か健科大のいずれかを選ぶことになります。ではどちらがいいのか?
それはあなたの得意科目、不得意科目なども関係してきます。

群馬大学はセンター試験で5教科9科目を課します。数学が2科目あり、そして社会や理科(2科目)などとても負担が大きい。しかし、健科大は社会はなく、国語では古文漢文もなく、現代文だけです。そして、数学も1科目でよい。しかし、英語の配点が200点と他の科目に比べて比重が高くなります。もしあなたが社会や国語が苦手ならば健科大を早い時期から目標設定すれば、日本史や世界史、古文漢文などの受験勉強をする必要はなくなります。英語はしっかりと勉強しなければなりません。

このように同じ看護師を目指すとしても、群馬大学では負担が大きく、健科大では負担が少なくなります。しかしあなたが社会が得意であったり、古文が好きだったりするのであれば健科大よりも群大のほうが合格する可能性が高くなります。群大か健科大かの看護で悩む場合、その多くは数学が1科目か、2科目かという点で決まることが多いと思います。数学を2科目やるエネルギーがあれば群大のほうがいいですし、そこまで数学をやりこむことができなければ、さっさと数学1科目を捨てて健科大に絞ったほうが無駄な学習をしないで済みます。このように志望大学(ゴール)が決まれば、あとはその受験科目をリサーチして、その

科目別勉強法

英語

大学受験で一番大切な科目は、「英語」です。文系であろうと理系であろうと英語ができないと合格はあり得ません。だから、英語を最初に勉強して得意にしましょう。そのためには最初に「英単語」をしっかりと覚えます。スカイ予備校では高3生になるとセンター試験用の英単語を1600語覚えます。この英単語は基本単語ばかりです。スポーツで言えば、足腰を鍛える基礎トレーニングと一緒です。最初は覚えてもすぐに忘れてしまい、辛い毎日ですが、ここを飛ばして先に進んでも英語ができるようになりません。最初の3ヶ月間でしっかりと英単語を覚えましょう。

次に英文法を覚えます。高校生であれば、学校で文法書が配られています。ネクストステージか、ビンテージのどちらかが多いと思います。文法、語法、イディオム(熟語)などに分かれています。その他、会話表現、アクセントなどの分野もありますが、それらはする必要はありません。最初の3章である文法、語法、イディオム(熟語)を高2のうちにマスターしておくとあとで楽になります。遅くとも高3の夏休み前までには、上記3章を完璧にマスターしましょう。

英単語と英文法などが終わったら次に長文読解に入ります。長文読解は2つの段階があります。1つめは精読段階、2つ目は多読速読段階です。最初の精読段階では、英文を頭から読む練習をします。みなさんはスラッシュリーディングを知っていますか?英文をスラッシュ( / 斜め線)で区切って、SVOCに分けて頭から読んで行く方法です。このスラッシュリーディングをマスターすると英語の文構造が理解でき、徐々に速く英文を読むことができるようになってきます。スカイ予備校では高3の夏休みに精読段階を徹底的に実施し、英語嫌いアレルギーを克服します。

英語長文の2段階の多読速読段階では、精読で培ったスラッシュリーディングを駆使して、多くの英文に触れて英語を速く正確に読み解く練習をします。特にセンター試験の長文で満点を取ることが目標となります。高3の9月以降は毎週1、2回のセンター英語で時間を計り、問題を解いていきます。この結果、多くの高3生はセンター英語で150点以上を取ることを目標とします。

数学

高校生になって一番難しくなるのが数学ではないでしょうか?中学のときと違って、高校生になって数学ができなくなる、嫌いになる生徒はたくさんいます。もし、あなたが数学が嫌いであれば、数学を捨てる(受験科目から外す)という選択肢もあります。その分受験する大学の選択肢は狭まりますが、まだまだ狙える国公立大学はあります。高崎経済大学などは数学なしで受けられる公立大学です。高経大に行きたいけど、数学が苦手という生徒さんは、ぜひ一度ご相談ください。

一方、数学が絶対に外せない生徒さんに数学の学習法をお話しします。数学でできるになる秘訣は、「解法パターン」を覚えるということです。これは解法の手順を覚えると言ってもよいです。「解法パターン」とは、その問題のやり方を覚えることであり、数字が違ってもできるようになるということです。

たとえばみなさんが数学の問題を解くとします。一度でスラスラできて、答えが出て、正解ならば先に進んでかまいません。しかし、解けなかったとします。この場合1問につき2−3分考えてください。それでもどうやっていいのかわからなかったらすぐに解答、解説を見てください。すぐに解答解説を見ることに抵抗がある人もいるかもしれません。しかし、わからないことは何時間考えてもわかりません。そういうときは解説を見て、やり方を確認します。そして、解法がわかり、理解したら、すぐにその問題を解いてみましょう。答えをみて、赤ペンでやり方を書いて、その1回だけで終わりにする人が多いと思います。それでは、次にやるときには忘れてしまって、また最初からやり直しです。解法を確認したらその場で、数回同じ問題を解いてみる。できるまでやり直す、ということが重要です。

一方、解説をみてもわからなかった場合はどうするのか?それはどうしてそういう解法になるのかを先生に聞いてください。そして原因を明確にすることが大切です。公式を覚えていなかったのか、単に計算ミスなのか、原因がわかれば、あとはその解法を覚えるだけです。そして、その場でできるようになるまで数回解いてみる。これが大切です。このときに復習の仕方が重要です。これらは、スカイ予備校の「トリプルS学習法—スカイスパイラスシステム」で効率的な復習をすると効果的です。「トリプルS学習法」について知りたい方はスカイ予備校までお問い合わせください。0120−5955−37

数学はこのやり方を徹底すれば必ず成績は上がります。数学はパターン学習で覚えていくことが大切です。大学受験程度の数学にセンスは不要です。

国語

国語は現代文、古文、漢文とあります。現代文の勉強は時間をかけてもあまりできるようにならないと言われていますが、果たしてそうでしょうか?現代文は読解です。読解とは必ず本文に答えがあることが前提です。つまり、本文に書いてないことは、どんなことでも不正解なのです。その前提をまず意識しましょう。

現代文で成績を上げる方法は、センター試験や大学の過去問題を使ってしっかりと解くことが大切です。しっかりと解くとは、問題を解き、答え合わせをしたら正解不正解に一喜一憂するのではなく、ミスした問題は以下の2つのことを考えると正答率があがります。それは、「1なぜミスしたのか」、「2どうしたら正解にたどり着くのか」です。また正解した問題も、たまたま正解したのか、しっかりと本文の根拠を明確にして正解したのかで、大きく違います。問題を解いたあとには、そのあたりをしっかりと確認しましょう。

次に古文ですが、古文は1)古文単語、2)古文法、3)古文読解に分かれます。1)古文単語と2)古文法の勉強が高1、2生の間はメインになります。しかし、大学入試では古文読解で大きく点数が配点されています。この古文読解で点を取るかが大きく左右します。1)古文単語では、学校で使っている古文単語集(300語程度)を完璧に覚えましょう。2)古文法では、うすい古文の市販の問題集を買ってきてそれを最低3回やってみましょう。そして、3)古文読解も市販問題集や過去問題などを使って解いていきましょう。解いたら、現代文と同じように1問1問正解の根拠を考えていけばOKです。

最後に漢文ですが、漢文は私立文系の生徒でも多くは必要がありません。センター試験受験者と国公立試験の個別試験で出されるくらいです。実は漢文はある1冊の本をマスターすれば問題ありません。その1冊の本の名前が知りたい人はぜひスカイ予備校までお問い合わせください。
(フリーダイヤル0120−595537)

理科と社会

理科と社会はどの科目を選択するかで大きくやり方が異なります。また国公立大学の個別試験にその科目があるのか、センター試験だけなのかで戦略が異なります。理科と社会の選択科目をどれにするかで大きく、受験勉強の量が変わってきます。

一般的には文系の社会は日本史、世界史を選択し、理系の社会(センター試験だけ)は、地理か公民系(おすすめは政治経済)です。また理系の理科は、理工系・医学部であれば物理・化学を選択し、それ以外の理系は化学・生物を選択することがよいでしょう。文系の理科(センター試験だけ)の場合は、生物か地学が無難です。基礎科目の2科目セットで1教科でもよいと思います。

上の選択の例は1つの典型例です。これは受験する大学の受験科目で大きく差がつきます。たとえば高崎経済大学を第一志望のAくんは数学が苦手で、歴史も嫌いだとします。この場合は、英語、国語、政治経済の選択が一番良いと言えます。普通は文系の社会は歴史(日本史、世界史)を選びますが、これは歴史が好きな場合です。歴史が嫌いなのに歴史を選ぶと成績を上げるには非常に時間がかかります。また日本史、世界史の勉強量を10とすると政治経済の勉強量は半分の5程度ですみます。公民科目はとても覚えることが少ないのです。また政治経済は政治と経済に分かれていますが、これらは連動性が少ないので、混合問題などは出にくいので、勉強がしやすいというメリットもあります。

小論文(これは裏技に近いです!)
みなさんは小論文と聞くとどんなイメージを持っていますか?あまり書いたことがないし、小論文と作文の違いがわからない、という人が多いのではないでしょうか?スカイ予備校の特徴の1つは、この小論文に強いということが挙げられます。

小論文が強いと推薦入試にも合格しやすくなりますし、群馬大学の教育学部や高崎経済大の地域政策学部の後期試験などでも出題されます。そして、小論文の配点が高いので、ライバルに大きく差がつけられます。

実は大きな声では言えませんが、小論文は10回程度の添削を受けると国公立大学に合格するほどの実力をつけることができます。これはスカイ予備校独自のノウハウです。ネットで「スカイ予備校 小論文」と打って検索してみてください。塾長の五十嵐のこれまでの成果などが出ています。国公立大学個別試験で小論文必要な人は、センター試験が終わった後でも小論文対策で間に合います。学校の先生で小論文を見てくれる先生もいますが、毎年十数人の添削、合格を小論文で出している先生はいないはずです。ぜひ小論文で困ったことがあれば、スカイ予備校までお問い合わせください。
(フリーダイヤル0120−595537)

最後に、

さまざまな受験情報や勉強の方法などを書いてきましたが、あなたが希望する大学に合格するためには最短距離を走る必要があります。そのためには効率的な学習をしなければなりません。学校の勉強だけでは不安を感じる場合は、ぜひ「塾を使って上手に成績を上げて、志望大学に合格する」ということ考えてみてください。
最近の大学受験予備校は映像授業が流行っています。映像授業はとても素晴らしいものです。しかし、それだけでは合格できません。最後は自分でしっかりと目標を立てて、覚悟をもって勉強を継続するのはあなた自身なのです。スカイ予備校はそのサポートをすることができます。中学生と同じ勉強方法では大学受験は勝てません。ぜひ、最短で合格するノウハウを得てください。
来年または近い将来に、あなたが希望する大学のキャンパスで充実した大学生活を送っていることを期待しています。

PAGETOP
Copyright © 進学塾EX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.